恩師宅訪問

我が病院も世に習い去年から土、日休みになっているので、今日はお休み。
近くで橋の架け替え工事をしているので、朝から重機の音が響く。
いつもの時間に起きたけれど、何もすることがないので、また布団の中へ入り10:00までまどろむ。
働いている人々に申し訳ないなぁ・・・と思いつつも、だら~~んとしてるのもたまにはいいもんだ。

午後から、恩師宅へ退院のご挨拶と、長い間ご心配をお掛けしたお詫びの訪問をして、いろいろ、積もる話しをし、
夕食までご馳走になって、帰ってきたところです。
図々しい教え子だよ、全く!と思いながらも、昔の話しに花が咲く。
あの教え子はどうした、あの娘はどうしてると昔の高校時代の話題で持ちきり。
ワタシの答えられる範囲でお答えし、和やかに歓談して来たところです。
でも、亡くなってしまっていた先生の多いことに愕然・・・・・・・)
それだけトシをとったと言うことでしょうか?悲しいことです。
 (お土産はチョコレート。先生の大好物G社のものを買っておいたのだ)

教え子と先生の関係は”患者と医者”の関係に似ているようで実は似ていない。
ワタシなど街中で患者に会いそうになると逃げる。
別に悪いことしてるわけではないのだが、公私の私と会いたくない。
街中で患者に会うと完全に医者の方が下である(他の先生は知らないがワタシの場合・・・・・)
なにか後ろめたいような不思議な感覚で、患者には余り会いたくない・・・・・。

そもそも、自分の仕事が好きで無いので、そんなとこに現れるのかも知れないが・・・・・。
早く退職して、自分の好きなことだけして暮らそうか~~と思う時ばっかりだが、何をしたらいいのか
いざとなるとわからない。
遊びはたくさん知ってるが、そうそう遊んでいるわけにもいかないだろうとは思う。

駅前に市民プラザみたいのが出来たそうだから、行ってみようかなとも思わないではないが
ここでまた患者にあったら嫌だもんなぁ・・・・・・・。
結局ワタシが遊ぶときは市外に出ることになる。
時間と金がかかるが仕方ないなぁ・・・・・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック